Midworks 転職成功者インタビュー

Midworks 転職成功者インタビュー

33歳男性 フリーランス Javaエンジニア(元大手メーカー組み込み系エンジニア)

『フリーランスになるというリスクをとらないことこそ、最大のリスクである!』
当時、私は某大手メーカーでC言語を使って組み込み系の開発をしていました。開発手法上、下流工程にツケが回ってきてしまい、残業は当たり前なのに給与が上がらないという劣悪な職場でした。
そこで、働きながら転職活動を始めてみましたが、私の希望条件と一致する企業がなく悩んでいました。この頃には「フリーランス」という文字は頭にうっすら浮かんでいたと思います。
そんなある日、あるメーカーのエンジニア向けのイベントで、フリーランスの方にお会いする機会がありました。その方は仕事もプライベートも充実していて大層魅力的に映り、私もこうなりたいと強く思いました。
しかし、そうは言ってもリスクを気にしてしまい、一歩を踏み出せずにいました。その際に彼から「騙されたと思って一度Midworksに登録してエージェントと話してみてください。きっと○○さんにとって無駄にはならないから。」とメッセージを貰い、すぐに登録してエージェントと話しました。
その際にエージェントの方に、「リスクをとらないことこそ、最大のリスクだと思います。○○さんのおっしゃるリスクって具体的に何を指していますか?」と言われました。
たしかに私が感じていたリスクとは、ただの世間体やプライド、不安といったちっぽけなものでした。そしてITの急成長により混沌としている世界において、個の力で生きていけないことこそがリスクなのだろうと納得し、Midworksを通してフリーランスになることを決意しました。
現在は嫁と娘がおり、完全週休2日、たまに1ヶ月程の長期休暇を取ったりしていますが、年収は1,200万円あります。
今後はこのキャッシュを元手に主婦向けのWebサービスで起業をしようと構想を練っています。たとえ失敗してもフリーランスに戻れる技術力や営業力は培われたので、安心して挑戦できます。
Midworksの詳細記事はこちら