退職願・退職届・辞表の書き方を徹底図解【例文・テンプレート付き】

退職願

会社を辞めるにあたって、提出を求められるのが退職願・退職届・もしくは辞表です。
昨今は、転職をするのが当たり前となり、定年まで1社で勤め上げる人が減りつつあります。
しかし、そのような風潮であっても、依然として会社を辞める機会は人生において数回あるか無いかだと思います。
経験して無い事は分からないものです。
初めての退職を目前にしているあなたも、退職願と、退職届と、辞表に、それぞれどのような違いがあるのか?書き方はどう違うのか?書類を入れる封筒には何を書くべきか?など、分からないことばかりだと思います。
今回は、状況別にどの書類を提出するのが望ましいのか、円満に退職するにはどのようなマナーを遵守すれば良いのかなどをご紹介していきます。
記事下部には、退職願・退職届・辞表と、それぞれの例文やテンプレートを用意しております。是非お役立てください。

退職願・退職届・辞表の違い

まずは、知っているようで知らない退職願・退職届・辞表の違いを、表で確認していきましょう。

書類名 各書類の特徴
退職願 退職願とは、退職(労働契約の解除)を会社に願い出るための書類のことです。
「退職させてもらえませんか」とお願いする際に提出します。
※ただし、退職を願い出る際に、書面での退職願は必ずしも必要な訳ではありません。
口頭で伝えても構いません。
退職願を用いるメリットは、書面の退職願を直属の上司に提出することで、退職の意思が固いことを示せる。会社に退職(労働契約の解除)を申し出た根拠が形として残る。
この2点です。
管理人としては、退職の意思を示せる上に、形にすることで、面倒な言った言わないを避けることに繋がるので、退職願の提出をおすすめします。
退職届 退職届とは、退職することが確定した後に、会社に対して届け出す書類のことです。
「退職します」と宣言する際に提出します。
※会社規定の退職届がある場合や、上司ではなく、人事部や人事決裁権を持つ管理職に提出する場合もあります。
会社ごとに書類や提出先が異なるので、直属の上司に確認しましょう。
辞表 辞表とは、社長や取締役など雇用関係のない立場の人が、務めている役職の辞退を届け出す書類のことです。
辞表を提出した後に一般の社員として勤務を続けることも出来ます。
なお、公務員が仕事を辞める場合も辞表を提出します。(会社員が提出する退職届と同じ扱いになります。)

上記の表からも分かるように一般の会社員(正社員・契約社員)は、退職願か退職届のいずれかを提出して退職する運びになっています。
また、社長・取締役などの雇用関係のない立場の人や、公務員辞表を提出して退職します。
退職願・退職届・辞表を提出するタイミングについては、以下の記事に記載してあるので併せてご確認ください。
円満に退社するためのノウハウ大全!〜退職理由の伝え方から退職願(退職届・辞表)の書き方まで〜
では、どのような状況で、退職願・退職届・辞表を提出するのかそれぞれケース別に確認していきましょう。

【状況別】退職願・退職届・辞表を提出するケース

【状況別】退職願・退職届・辞表を提出するケース

【状況別】退職願・退職届・辞表を提出するケース

上図の通り、会社側との交渉の進み方によって、提出するべき書類が異なってきます。

退職届・辞表を提出するケース

交渉が難航している場合は、退職届や辞表を提出するようになります。
退職届や辞表は、従業員から一方的に労働契約の解約を要請する際の書類だといえるので、円満に退職したい場合はなるべく使わない方が良いです。
ただし、会社側に何を言っても引き止められてしまう場合や、ご自身の退職をする意思が強固な場合は退職届や辞表を利用して、会社を後にしても良いと言えるでしょう。

退職願を提出するケース

退職の交渉の末、関係各所から合意を受けたものの、会社から提出の書類を指摘されていない。
このような場合には、これまで交渉していた上司に掛け合って、退職願を提出することになります。
円満退社をお考えの方は、会社の就業規則を予め確認しておき、早めの行動を取っておくのが大切です。
就業規則には、「退職希望日の何ヶ月前までに、誰に対して退職願を提出するべきなのか」が明記してあるはずです。
万が一、就業規則が確認出来無い場合であっても、業務の引き継ぎや有給休暇の取得など、やらければならないこと、やった方が良いことがあるため、概ね2ヶ月以上前には退職希望の通達と退職願の提出をすべきだと言われています。
◯月◯日に退職するには、いつ頃交渉をして、いつ頃退職願を提出すれば良いのだろう?
このように前もって退社日を決めてから残りの日々の過ごし方を考えるのが重要だと言えます。
円満退社をしたい人はこちらの記事も併せてお読みください!
円満に退社するためのノウハウ大全!〜退職理由の伝え方から退職願(退職届・辞表)の書き方まで〜

会社指定の書類を提出するケース

退職の合意を受けて、会社側から退職願、退職届、辞表、またはそれ以外の書類提出を指示された場合は、会社側の意向を汲んで指示に従うようにしましょう。

退職願・退職届・辞表の書き方

手書きの場合に準備するもの

・白の便箋(一般的にはB5だがA4でも良い)
・白の封筒(無地)※B5の便箋を使う場合は長形4号/A4を使う場合は長形3号
・黒のボールペンまたは万年筆
原則、退職の際に提出する書類は、手書きが望ましいと言われています。
会社側からパソコンでの作成を指示された場合を除いて、基本的には手書きで作成して提出するようにしましょう。
会社に提出する最後の書類になるかと思います。
最後にしっかりと誠意を見せましょう。

退職願・退職届・辞表のテンプレート

リンクをクリックすると、Word形式の縦書きのテンプレートがダウンロードできます。
PCとスマホからダウンロードが可能ですが、可能な限り、PCからのダウンロードを推奨します。
※スマートフォンからダウンロードすると横書き表示になってしまいます。退職願・退職届・辞表は、縦書きで書くのが通例です。
退職願 テンプレートB5版
退職願 テンプレートA4版
退職届 テンプレートB5版
退職届 テンプレートA4版
辞表 テンプレートB5版
辞表 テンプレートA4版 

退職願・退職届・辞表の例文

退職願例文

退職願例文

退職願例文

退職届例文(自己都合退職の場合)
退職届例文

退職届例文

辞表は、フォーマットが退職届と同様なため、今回は割愛させていただきます。
退職届の文言を辞表に変えれば、そのまま例文として使用できます。
退職願・退職届・辞表を書く際のポイント
①書き出し
:私儀(わたくしぎ)と書きます。
②退職理由
:自己都合退職の場合は、「一身上の都合」と書きましょう。
※会社都合での退職の場合は、「事業所閉鎖のため」「事業部門縮小のため」「早期退職のため」など、会社と合意した退職理由を書きましょう。
会社都合にも関わらず、「一身上の都合」と書面に書いてしまうと、自己都合退職として処理され、退職後に受給する失業保険の金額や期間などが変わる場合があります。ご注意ください。
③退職日
:退職願の場合は、退職希望日を書きましょう。退職届や辞表の場合は、上司との話し合いで決まった日付を書きましょう。統一さえしていれば西暦でも、元号でも構いません。
④文末
:退職願の場合は、「お願い申し上げます」など、願い出る旨を書きます。退職届や辞表の場合は、退職が確定した後に提出するため「退職いたします」と事実を報告する旨を書きます。
⑤届出年月日
:退職願・退職届・辞表ともに提出する日付を書きます。
⑥所属部署・氏名
:宛名より下の位置に所属と名前を書き、名前の下に捺印します。
⑦宛名:
最高執行責任者の役職と名前を書きます。代表取締役社長などが一般的です。敬称は殿。自分の名前よりも上にくるように書くことがポイントです。

封筒の書き方・封入の方法

封筒の書き方 表面

封筒の書き方 表面

封筒の書き方 表面

封筒の書き方 裏面
封筒の書き方 裏面

封筒の書き方 裏面

便箋の折り方
便箋の折り方

便箋の折り方

封入の方法
封入の方法

封入の方法

封筒の書き方・封入のポイント
・封筒の表面:退職願・退職届もしくは辞表と書きます。
・封筒の裏面:差出人欄に所属部署と名前を書きます。
・便箋の折り方:便箋の折り方に記載の番号に従って①②と順に折りたたみます。手順通りに折りたたむと、青色の丸印が上部に来ます。
・封入の方法:便箋を手順通りに折ったら、封筒の裏面に青色の丸印が来るように注意して、封入していきます。封入後は封筒の口にのり付けし、〆のマークを書きます。

まとめ

今回は、経験していないと自分一人では中々分からない退職願・退職届・辞表の書き方について解説しました!
当記事で退職願・退職届・辞表それぞれの違いがご理解いただけたかと思います。
ご自身の置かれた状況や立場によって、それぞれ退職願・退職届・辞表を使い分けるようにしましょう。
なお、ワークハックスでは、簡易的ではありますが、Facebook上で管理人の経験と知識を活かした転職相談を実施しています。
現在仕事において不安や不満を抱いている。退職後にどのようなキャリアを歩んだら良いのかなど、心配事がある方は奮ってメッセージをください。
お待ちしております。
Facebookメッセージはこちらから