就活生必見・証明写真で第一印象は決まる!

企業は証明写真のどこを見ているのでしょうか?
証明写真は採用する側にとって、会ったことのない就活生の人柄を推測するための貴重な材料。履歴書やエントリーシートの内容だけでなく、字の書き方や証明写真など、すべての情報を見て合否を判断しているのです。具体的に証明写真のどの部分に注目しているのか、説明します。

表情・服装・髪形・全体的な印象を見ている
証明写真の表情や服装、髪形、そして全体的な印象が見られています。エントリーシートや履歴書から読み取れる人柄や熱意などの方が重視されますが、証明写真も人柄を知るための情報として、じっくり見られると思ってください。

スピード写真だと志望意欲が低いと思われることも!
企業の採用担当者は、就活生がどれほど自社への入社の意欲を持っているかを履歴書やエントリーシートから判断します。そのため、証明写真がスピード写真で撮られたものだと気づかれた場合、「この就活生は証明写真で手を抜いた」と思われ、志望意欲が低いという印象を与える可能性が大きいのです。就活で使う証明写真は、必ず写真屋で撮影しましょう。

【ポイント】
■写真館で撮影
■口角を上げる
■顎を引く
■目を大きく開ける
■表情を明るくする