2019年4月特定技能ビザについて

特定技能ビザ1号と2号の違いは、1号が通算5年までしか日本にいられないビザなのに対して、2号には日本滞在の期間に制限が無いという点です。

この違いが、家族の帯同にも紐づいています。1号は5年で帰国することが前提なので、日本に家族を連れてくることはできません。

これに対し2号は、回数制限のない更新が認められているため、本国から家族を日本に連れてくることができます。

 

ここでいう家族とは、配偶者と子を意味し、親や兄弟姉妹は含まれません。この点は、他の多くの就労ビザと共通しています。

 

特定技能1号を取得する外国人に求められる技能水準は「相当程度の知識又は経験を必要とする技能」です。

これは、相当期間の実務経験等を要する技能であって、特段の育成・訓練を受けることなく直ちに一定程度の業務を遂行できる水準のものを言います。

 

特定技能2号を取得する外国人に求められる技能水準は「熟練した技能」です。

これは、長年の実務経験等により身につけた熟達した技能をいい、現行の専門的・技術的分野の在留資格を有する外国人と同等又はそれ以上の高い専門性・技能を要する技能とされています。

例えば自らの判断により高度に専門的・技術的な業務を遂行できる、又は監督者として業務を統括しつつ、熟練した技能で業務を遂行できる水準のものを言います。
https://www.entertainment-visa-jp.com/%E7%89%B9%E5%AE%9A%E6%8A%80%E8%83%BD%E3%83%93%E3%82%B6-%E7%B7%8F%E8%AB%96/