転職者の80%が利用する業界最大手の転職サイト「リクナビネクスト(リクナビNEXT)」とは?特徴・メリット・デメリット・口コミ・評判をご紹介!

リクナビネクスト(リクナビNEXT)は、株式会社リクルートキャリアが運営する業界最大手の転職サイトです。その知名度の高さ故に転職志望の方なら1度は名前を聞いたことがあると思います。
最近始まった、大泉洋氏と大政絢氏のCMも話題沸騰中ですよね。


統計的にも、転職者の約8割がリクナビネクスト(リクナビNEXT)を利用して転職しているということが分かっており、転職者の大多数がリクナビネクスト(リクナビNEXT)を利用することで転職を成功に導いています。
今回は、業界最大手の転職サイトであるリクナビネクスト(リクナビNEXT)が、なぜこれほど多くの転職者に利用されているのか、そしてどのように利用すれば納得のいく転職になるのかを解説しつつ、特徴やメリット・デメリット・口コミ・評判も併せてご紹介していきます。
公式サイトはこちら

リクナビネクスト(リクナビNEXT)の特徴

転職を検討している人は、登録必須の転職サイトです!

  • 求人掲載数
  • 利用求職者数
  • 転職成功者数
  • 知名度・ブランド力・信頼度

など、総合的に判断して、リクナビネクスト(リクナビNEXT)に匹敵する転職サイトはないでしょう。
同様に、企業も業界最大手の転職サイトで、多くの求職者が利用していると認識しているので、様々な条件の求人がたくさん掲載されています。求職者からすると、比較検討して高待遇・高収入の好求人に応募すれば良いだけです。
またスカウト機能(逆採用)にも積極的に取り組んでおり、登録して損はないサイトです!!
▶︎ リクナビネクスト(リクナビNEXT)の公式サイトは、こちら

リクナビネクスト(リクナビNEXT)のメリット・強み・おすすめポイント

転職業界最大級の求人数

最大の特徴は、やはり業界でも最大級を誇る求人数です。2018年2月25日時点で、11,236件の求人が掲載されています。そして、その掲載求人の職種は14種類にも及びます。

職種一覧(出典:リクナビネクスト(リクナビNEXT))

職種一覧(出典:リクナビネクスト(リクナビNEXT))

幅広い職種を横断的に扱っているのにも関わらず、これだけ企業から求人を掲載してもらえるのは、業界最大手という信頼を獲得しているリクナビネクスト(リクナビNEXT)だからこそ成せる業です。

・約9割が正社員求人

掲載されている求人のうち、約9割が正社員求人となっているのも大きな特徴です。

・常時5,000件以上の求人を掲載

また、常時5,000件以上の求人を掲載してあるので、転職市場が冷え込む4月・5月であっても、転職したいと思い立った時期に求人を探すことができます。また毎週1,000件の求人を追加・更新し、常に新鮮な情報の求人を掲載してくれる点も親切です。
通年でこれほど安定的に求人を確保できているのは、おそらくリクナビネクスト(リクナビNEXT)だけでしょう。

・85%が限定求人

リクナビネクスト(リクナビNEXT)に掲載されている求人の85%が、他の転職サイトには掲載されていない限定求人なんです。

限定求人が約85%!(出典:リクナビネクスト(リクナビNEXT))

限定求人が約85%!(出典:リクナビネクスト(リクナビNEXT))

確度の高い自己分析ができるグッドポイント診断

自己分析を自分でやるのは、なかなか骨が折れる作業です。学生時代、就職活動の際に、絶対内定を読んだり、自分史や他己分析を行った方も多いと思います。しかし、これらの作業はかなり時間と労力がかかるため、社会人の方にはあまりおすすめできません。
手軽でかつ確度の高い自己分析をしたいなら、グッドポイント診断がおすすめです。

グッドポイント診断(出典:リクナビネクスト(リクナビNEXT))

グッドポイント診断(出典:リクナビネクスト(リクナビNEXT))

30分ポチポチと簡単な質問に答えるだけで、あなたの強みを炙り出してくれます。ネット環境のあるところならどこでも診断可能なので、時間を取れる時にポチポチ回答してみると面白いです。
30分と聞くと長いように感じますが、5分や10分で終わってしまう自己分析は、あまり当てにならないですよね。また逆に長すぎるのも手間がかかってしまいますよね。そのため、手軽でかつ確度の高い自己分析をしたい方には、グッドポイント診断がベストなんです。
あなたに合う職業、合わない職業も教えてくれるので、現職が自分にとってどれだけ合っている仕事なのか、また、これから転職するとしたらどのような仕事が良いのかを客観的に見る判断材料になります。
グッドポイント診断を受けてみる

人材サービス会社最大手のリクルートが持つ転職ノウハウが満載

リクルートといえば、人材サービスで国内トップであり、その時価総額は大台の2兆円を突破した大企業です。これまで人材サービスだけで培ったノウハウは膨大にあり、リクナビネクスト(リクナビNEXT)のサービス内にも多分に散りばめられています。
特に、転職に関する記事や、よくあるQ&Aを掲載してある「転職成功ノウハウ」は必見です。転職にまつわるありとあらゆることが網羅的に掲載されているので、これを見れば転職で困ることはまず無いです。

転職成功ノウハウ(出典:リクナビネクスト(リクナビNEXT))

転職成功ノウハウ(出典:リクナビネクスト(リクナビNEXT))

不安要素や知りたいことが出てきたら、その都度、「転職成功ノウハウ」で逆引きして調べることをオススメします。
転職成功ノウハウを見てみる

リクナビネクスト(リクナビNEXT)のデメリット・弱み・おすすめできないポイント

求人数が多すぎて比較検討が大変

掲載企業側は、掲載サイトに求人が多ければ、他の企業に優秀な人材を取られたくないと思い、高収入・高待遇の求人を掲載します。それらの数多くの好求人を比較検討できるようになるので、求職者からすれば万々歳です。
しかし、このように思う方も多いと思います。

転職希望者
そんなにたくさん求人があっても、比較検討するのが大変だよー。

このように日々の仕事が忙しくて、ゆっくり比較検討できない人には、自分自身で調べなくてはいけない転職サイトはおすすめできません。
すでにある程度職種が絞れている方は、特化型の転職サイトに登録することをおすすめします。まだどうやって転職を進めたら良いかで悩んでいる方には、以下の記事も併せて読むことをおすすめします。
転職が初めての人必見!目的別おすすめ転職サイト12選
ただ、リクナビネクスト(リクナビNEXT)は、そのような検索できない方々に対しても、素晴らしいサービスを提供しているんです!!
それがスカウト機能(逆採用)です。職務経歴や転職希望条件など、あなたのこれまでのキャリアとこれからの職場に求める条件を登録することで、あなたに興味を持った企業からオファーが届くようになります。スカウト機能の種類は、全部で3種類あります。

①プライベートオファー

あなたの職務経歴を見て、求める経験やスキルを持っていそうだと感じた企業からオファーが届くスカウトです。書類選考が免除されるメリットがあります。

②興味通知オファー

あなたが登録した職種や勤務地などの条件に興味を持った企業から、オファー内容への興味の確認が届くスカウトです。その後、企業が正式にオファーしたいと思った方には、面接等の案内が届きます。

③オープンオファー

あなたが登録した職種や勤務地などの条件が、企業が設定する検索条件に合致した場合に、企業から届くスカウトです。求人情報・説明会情報の案内が届きます。
スカウト機能はリクナビネクスト(リクナビNEXT)利用者の2人に1人が利用している人気機能です。スカウトでのみ知ることができる非公開求人も多数ありますし、スカウト機能を上手く使いこなすことが、転職活動を成功に導くキーポイントです!
スカウトされてみる

あくまで自分1人で求人を探す転職サイト

あくまで自分1人で求人を探す転職サイトということを忘れないでください。もちろん上記でご紹介したスカウト機能で、求人が舞い込んでくることもあります。しかし、その企業を志望するかどうかを判断するのは、あなた1人ですることになります。
自分1人で、企業を探すことに不安を覚える方は、専任のコンサルタントが1対1であなたのキャリアをサポートしてくれる「リクルートエージェント」の併用を強くおすすめします。

リクナビネクスト(リクナビNEXT)を使った転職活動の流れ

リクナビネクスト(リクナビNEXT)に登録
②求人企業からオファーが届くスカウト機能を利用
③グッドポイント診断で自分の強みを探し、エージェントや企業に伝える下準備をする
④転職成功実績No1のリクルートエージェントも併せて登録
転職エージェントとの面談時間が取れる人は、絶対にエージェントサービスを利用すべきだと思います。非公開の高収入・高待遇求人を紹介してもらえることはもちろんですが、エージェントと対話する中で、あなたが仕事や人生に求めていることが言語化されるためです。
⑤エージェントに職務経歴や転職希望条件、また、自分の強みを伝え、企業の1次面談に備える

リクナビネクスト(リクナビNEXT)の口コミ・評判

Twitterの口コミ・評判

リクナビネクスト(リクナビNEXT)のまとめ

今回は、転職業界で最も認知されているサイトである、リクナビネクスト(リクナビNEXT)をご紹介しました。
おさらいをすると、以下の条件に1つでも当てはまる方には、リクナビネクスト(リクナビNEXT)をおすすめします。

  • 幅広い職種を比較検討したい
  • 正社員求人を探している
  • 現職で忙しく時間が取れないけれど、転職活動を進めていきたい
  • 確度の高い自己分析ツールで自分を客観視したい
  • 何から手を付けたら良いかが分からないので、一通り転職の情報収集をしたい

今回の紹介でお分かりの通り、1つのサービス内に、転職に必要なあらゆる機能が盛り込まれているワンストップサービスなのが、リクナビネクスト(リクナビNEXT)が選ばれる理由です。
必要な機能を使いたい時に使えるという、使い勝手の良さが受けているのでしょう。管理人もリクナビネクスト(リクナビNEXT)は転職サイトの中で最も使い勝手が良いと感じています。
公式サイトはこちら
最後に一言、これは助言ですが、転職サービスに2つ3つ登録することは全く問題なく、むしろ転職成功率を圧倒的に高めると思います。複数のサービスに登録することで、様々な情報を仕入れていきましょう。
転職が初めての人必見!目的別おすすめ転職サイト12選